Google?Yahoo?カーナビはApple純正マップがおすすめ

どうもはるぽちです。

皆さんカーナビにはどのアプリを使用していますか?

多くの人がGoogle mapやYahooカーナビを利用していると思います。

実は最近Apple純正のマップアプリのナビ機能がすごく進化して、他のアプリよりも使い勝手がよくなっています。

一昔前まではApple純正マップなんて使い物にならなかったですが、今では純正マップアプリをおすすめします。

この記事ではApple純正マップアプリについて紹介します。最後までお読みいただけると幸いです。

Apple純正「マップ」アプリが他よりも優れている点

デザインが優れているので見やすい

なんと言ってもAppleはアプリのUIなどのデザインをかなりこだわっています。

非常に見やすい

さすがAppleと言ったところでしょうか、文字の大きさやフォントなどかなり見やすいデザインになっています。

また、純正アプリなので動作も非常に軽く、ぬるぬる操作することができるので気持ちいいです。

とことん見やすさを追求しているようなデザインなので、これを使ったあとに他のアプリを使うと少しごちゃごちゃしているように感じました。

指示がわかりやすい

指示が他のアプリよりも丁寧です。

大きな道路を走っているときに、どの車線を走るかがすぐに分かるようになっています。

音声でのガイダンスも非常にわかりやすいです。

複雑な道路でも走行車線がわかりやすい

また、他のアプリでは交差点が多くあるときに、どこで曲がればいいかわからなくなることがありますが、Apple純正マップでは交差点の名前が非常に分かりやすく表示されています。

これで曲がる場所を間違えることはなくなりました。

操作性がいい

車やバイクを運転しながら操作することを前提に設計されているので、各機能を非常にシンプルに使う事ができます。

大抵の操作は、一回か二回タップするだけで操作することができます。

下の部分をタップすると様々な機能が使える

ガソリンスタンドやコンビニに行きたくなった場合、下からガソリンスタンドを選択すれば、最寄りの店舗をすぐに検索してくれます。しかも、目的地までの情報を保持したまま、ガソリンスタンドやコンビニまで案内してくれます。

目的地の再設定をする必要がないので、非常に便利です。

ロック画面上で動作する

これは純正アプリだからこその機能です。

Apple純正マップアプリは、ロック画面を解除しなくてもロック画面上で動作します。

画面を閉じた際などにパスコードを入力したり、生体認証をする必要がなくなるので、非常に便利です。

これは他のアプリではなかなかできないことですね。

2Dと3Dの自動切り替え

これが使ってみて非常にびっくりしたのですが、道の先の情報などに応じて、見やすくなるように2Dと3Dを自動的に入れ替えてくれます。

この機能が神で、わざわざ操作せずとも、見通しの悪い道の先がどうなっているのか確認することができます。

真っ直ぐな道などは2Dで表示
先にカーブなどあると、自動的に3D表示にしてくれます。

この機能は本当に素晴らしいです。動作もなめらかで、非常に見やすいです。

場所によっては非常に上から全体が見える表示に変わったり、マップを見てるだけでも面白いです。

これはほかのアプリでは無く、Apple純正のマップを使う上で非常に大きなアドバンテージだと思いました。

また、現在地も常に固定で下の方に表示され、進行方向を上に表示してくれます。

Google Mapでは進行方向とは違う向きを向いていたり、現在地がずれていったり、いちいち手で修正しないといけない場合があるので、めんどくさいです。

その点Appleはできるだけ操作を簡略化し、操作する回数を減らすように努力している気がします。

安全面でもApple純正マップは非常に考えられていると思います。

ルートの再提案

道の混雑状況などから判断して、迂回ルートを検索して途中で切り替えをおすすめしてくれます。

10分や20分レベルで時間を短縮できる場合等ありますので非常に便利な機能です。

目的地を設定して、ルートを検索するのは出発前だと思いますが、時間が立つと道路の混雑状況など、変わってくると思います。

そういう時に、自動的に早く行けるルートを再検索しておすすめしてくれます。

これも便利な機能ですね。

Apple純正「マップ」アプリが他と劣る点

店舗のレビュー機能が弱い

Google Mapではお店の情報やレビューなどをGoogle Map独自のレビュー機能で見ることができます。

Appleはじゃらんの情報などを表示しているだけなので、この点はGoogleに劣っていますね。

Google Mapのレビュー情報は結構役に立つときが多いので、ここらへんは使い分けするといいと思います。

あくまでマップアプリとしてのデメリットですので、カーナビ機能とは全く関係無いですけどね。

航空写真でナビ機能が使えない

Google Mapでは航空写真でナビの機能を使うことができます。

Apple純正マップはマップ自体を航空写真にすることはできますが、ナビ機能を使用すると航空写真ではなくなってしまいます。

人によっては航空写真のほうがいいと思うかもしれませんので、この点はGoogle Mapの勝利ですね。

私は航空写真より、普通のマップのほうが見やすいです。

有料道路の金額がわからない

これはYahooナビに限った話ですが、Yahooナビではルートの検索の際に有料道路料金を表示してくれます。

高速道路料金など表示してくれる。

Google MapやApple純正マップではこの機能は使えません。

この機能は非常に便利なので、ぜひAppleでもGoogleでも使えるようになってほしいです。

iOSでないと使えない

Apple純正マップアプリの最大のデメリットはApple端末でしか使えない点だと思います。

GoogleマップやYahooナビはAndroidでももちろん使用することができます。

iPhoneやiPad限定になってしまうのでAndroidユーザの方は残念ながら使用することができません。

まぁそれはしょうがないですね。

まとめ

以上が、私が実際に他のアプリと比べながら、アップル純正マップアプリのナビ機能を利用した感想です。

他にも便利な機能があるかもしれませんが、私が使用して便利だと感じた点を紹介しました。

今まではYahooナビを利用してきましたが、久しぶりにAppleのマップを使ってみて、これからはこっちも使うことに決めました。

これからもどのアプリも機能が追加されたり、更に便利になっていくと思いますので、その時点で自分が使いやすいアプリを利用することをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました